生分解性の生ごみ収集用袋

株式会社キラックス

「生ごみ」と呼ばれる食品廃棄物の処分が大きな問題になっています。飼料化・肥料化によるリサイクルもされていますが、それ以上に多くの廃棄物が焼却処分されており、二酸化炭素の発生等の環境負荷がかかっています。食品廃棄物を肥料とするための堆肥(たいひ)化施設を増やし、堆肥化を促進していくことも重要な課題である中、キラックスの「生ごみ収集用生分解性袋」は、堆肥化施設の運用の手助けになります。

 

【お問い合わせ製品】

本製品は当サイト上ではご購入いただけません。常備品在庫は用意しておりますが、生分解性樹脂を使っているため、その特性を事前にご理解いただきたいと考えております。本製品にご興味のある方は『お問い合わせフォーム』よりご連絡ください。

≪堆肥化施設での生分解性の生ごみ収集用袋使用のメリット≫

キラックスの「生ごみ収集用生分解性袋」は、高温多湿な条件下で、微生物の作用によって水と二酸化炭素に分解されます。その生分解性の袋は、生ごみとともに堆肥処理施設等で処理されることで従来の一般樹脂性のごみ袋と比較した場合に、次のような利点が生まれます。

・生ごみと袋を選別せずに堆肥化設備に投入できるので選別作業が不要。
・選別された袋の保管や処分(焼却等)が不要。
・堆肥化の過程で分解され水と二酸化炭素に分解される。
・袋の処分までのトータルコストを削減できる。
・植物由来の原料が配合されており、カーボンオフセットによるCO2削減に貢献。
・日本バイオプラスチック協会(JBPA) グリーンプラマーク取得品

【生分解性ごみ袋の生ごみ処理場での堆肥化プロセス】

キラックスの生分解性のごみ袋は生ごみを堆肥化する工程で、作業の軽減や処理コストの低減につながっています。

①自治体より回収された生分解性袋に入った家庭系生ごみ

②生分解性袋に入ったまま、生ごみは破砕機へ投入される

③生ごみと共に破砕された状態

④生分解性袋は、生ごみとともに破砕後に堆積場で40日~60日かけて醗酵・熟成し堆肥化され飼料となる

ご使用時の注意事項

生分解性の製品のため、製造後、保管中から分解が進行していきます。ご使用にあたっては、下記の点にご留意願います。

①直射日光のあたる場所を避けてください。(出入口付近、窓際付近)
②高温多湿になる場所を避け、風通しの良い涼しい場所 に保管してください。
③高温(30℃以上)の環境下に長期間(10 日間以上)置かないでください。
④床面からの湿気や水分を避ける為、保管の際はパレット等を用いて、商品段ボール箱を含め直接床面(地面)に置かないでください。
⑤製品の[先入れ][先出し]を行いお早めにご使用ください。

この商品についてのお問い合わせ

本製品は当サイト上ではご購入いただけません。常備品在庫は用意しておりますが、生分解性樹脂を使っているため、その特性を事前にご理解いただきたいと考えております。本製品にご興味のある方は『お問い合わせフォーム』よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム


生分解性の生ごみ収集用袋

株式会社キラックス

「生ごみ」と呼ばれる食品廃棄物の処分が大きな問題になっています。飼料化・肥料化によるリサイクルもされていますが、それ以上に多くの廃棄物が焼却処分されており、二酸化炭素の発生等の環境負荷がかかっています。食品廃棄物を肥料とするための堆肥(たいひ)化施設を増やし、堆肥化を促進していくことも重要な課題である中、キラックスの「生ごみ収集用生分解性袋」は、堆肥化施設の運用の手助けになります。

 

【お問い合わせ製品】

本製品は当サイト上ではご購入いただけません。常備品在庫は用意しておりますが、生分解性樹脂を使っているため、その特性を事前にご理解いただきたいと考えております。本製品にご興味のある方は『お問い合わせフォーム』よりご連絡ください。

≪堆肥化施設での生分解性の生ごみ収集用袋使用のメリット≫

キラックスの「生ごみ収集用生分解性袋」は、高温多湿な条件下で、微生物の作用によって水と二酸化炭素に分解されます。その生分解性の袋は、生ごみとともに堆肥処理施設等で処理されることで従来の一般樹脂性のごみ袋と比較した場合に、次のような利点が生まれます。

・生ごみと袋を選別せずに堆肥化設備に投入できるので選別作業が不要。
・選別された袋の保管や処分(焼却等)が不要。
・堆肥化の過程で分解され水と二酸化炭素に分解される。
・袋の処分までのトータルコストを削減できる。
・植物由来の原料が配合されており、カーボンオフセットによるCO2削減に貢献。
・日本バイオプラスチック協会(JBPA) グリーンプラマーク取得品

【生分解性ごみ袋の生ごみ処理場での堆肥化プロセス】

キラックスの生分解性のごみ袋は生ごみを堆肥化する工程で、作業の軽減や処理コストの低減につながっています。

①自治体より回収された生分解性袋に入った家庭系生ごみ

②生分解性袋に入ったまま、生ごみは破砕機へ投入される

③生ごみと共に破砕された状態

④生分解性袋は、生ごみとともに破砕後に堆積場で40日~60日かけて醗酵・熟成し堆肥化され飼料となる

ご使用時の注意事項

生分解性の製品のため、製造後、保管中から分解が進行していきます。ご使用にあたっては、下記の点にご留意願います。

①直射日光のあたる場所を避けてください。(出入口付近、窓際付近)
②高温多湿になる場所を避け、風通しの良い涼しい場所 に保管してください。
③高温(30℃以上)の環境下に長期間(10 日間以上)置かないでください。
④床面からの湿気や水分を避ける為、保管の際はパレット等を用いて、商品段ボール箱を含め直接床面(地面)に置かないでください。
⑤製品の[先入れ][先出し]を行いお早めにご使用ください。

この商品についてのお問い合わせ

本製品は当サイト上ではご購入いただけません。常備品在庫は用意しておりますが、生分解性樹脂を使っているため、その特性を事前にご理解いただきたいと考えております。本製品にご興味のある方は『お問い合わせフォーム』よりご連絡ください。

お問い合わせフォーム